Eggコミュニケーション - 幼稚園・保育園専門







相談① 保護者対応~ケンカでケガをした場合、保護者にどのように伝えるか~



   Photo by Pinterest




Question
子ども同士のケンカで、AくんがBくんにケガをさせてしまいました。
うちの園では、ケガをした子の保護者には、誰にケガをさせられたか名前は言わないのですが、言わなくてよいものでしょうか?


Advice
園の方針があると思いますが、保護者が知りたいことを隠さないことが、誠実な対応であると考えます。
家に帰って保護者が「誰に引っ掻かれたの?」と子どもに聞くでしょう。
子どもは誰とケンカをしたか、名前を言ってしまいます。

「誰に」「なぜ」というのが、保護者の知りたいことです。
正直にお話して、ケガをさせてしまったことをお詫びしましょう。

ケガの程度が、病院の診察を受けるほどであれば、なおさら、保護者同士の話し合いが必要になります。

軽い引っ掻き傷などの場合は、日頃の信頼関係があれば、保護者にご理解いただけるでしょう。

お詫びと共に、Aくんの保護者には、Bくんにケガをさせた事実と、ちゃんと謝ることが出来たことを伝え、Bくんの保護者には、ケガをして痛い思いをしたけれど、謝ったAくんを許してあげる優しいお子さんですということを伝えましょう。

子ども達も、社会性を学び、成長していることを伝えるのが、重要ではないでしょうか。