Eggコミュニケーション - 幼稚園・保育園専門

 
 
 

 
 エピソード④ お辞儀の仕方
 
 
Eggコミュニケーションを始める前は、
園児と交わすお辞儀の仕方は、各園のやり方に合わせて…
と思っていました。
しかし、私が探す限り、本やネットには園児に教える正しいお辞儀の仕方はどこにも書いていませんでした。

園の先生方に、どのようにお辞儀の仕方を教えていますか?と
訊くと、各園で様々ですし、担任によっても様々でした。

そこで、3つのポイントに基づき、正しいお辞儀の仕方を考えてみましょう。

大人のビジネスマナーをお手本にする

■お辞儀の意味を考える

■園内で、統一する

 
 大人のビジネスマナーをお手本にする

 子どものときに、丁寧なお辞儀を教わったら、大人になって困ることはないですし、子どもと
 大人と、違うお辞儀を覚える必要はないのです。

 では、どんなお辞儀が正しいか、まずは形を覚えましょう。

  ①かかとをくっつけて、つま先は“握りこぶし”1個分、開きます。

  ②手は、「横にピン!」と言うと、真っ直ぐに伸ばします。

  ③目は、「先生と目が合うかな」と言って、全員と目を合わせます。
  ※顔を向けさせるのではなく、目を合わせるのです。

  ④先言後礼(せんげんごれい)※語先後礼ともいいます
  「おはようございます」と言ってから、頭を下げましょう。

  ⑤頭を上げたら、また、先生と目を合わせます。


 大人のお辞儀の場合は、男女で手の位置が異なる指導をすることがありますが、子どもは男児女児とも、横に
 付け、指を伸ばすとよいでしょう。

 
 お辞儀の意味を教える

 お辞儀は「あいさつ」を形にしたものです。ですから、「あいさつ」が何のためにするのか、
 先生方が理解して指導しなければなりません。
 先生方の心構えしだいで、気持ちは子どもにも伝わります。

        あいさつは、相手の存在を認めるためにします

        あ かるく元気に
        い つでも
        さ 自分から きに
        つ たわるように

   
 
   園で統一する

 各担任ごとに違うお辞儀を教えては、進級したときに子ども達が困ります。
 年少3歳児の先生が、正しいお辞儀を教えると、年中4歳児・年長5歳児になって、正しい
 お辞儀の仕方は習慣になっています。