Eggコミュニケーション - 幼稚園・保育園専門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 エピソード③ 電話応対
 
 
 
 
 
 
 
 
ある保育園に電話をした時のことです。
 
職員 「もしもし・・・」
私     「Eggコミュニケーションの藤田と申します。お世話になっております。
      園長先生はいらっしゃいますか。」
職員 「園長先生ですね。ちょっと待ってください。」
 
かなり待たされて
 
職員 「さっきまでいたんですが・・・」
私     「そうですか。それでは、大変申し訳ございませんが、伝言を・・・」
職員 「あっ、いました。ちょっと待ってくださいね。(園長先生!)」
 
 
電話応対お手本
 
・「もしもし」は使いません。
・名乗り方を、園で統一しましょう。
・3コール以内に出るようにしましょう。ただし、保育中ですぐに出られない場合は、「お待たせし 
 ました」と言うようにしましょう。
・保留の際は、保留音を流しましょう。保留は30秒までにし、それ以上お待たせした場合は「お待
 たせして申し訳ございません」と言うようにしましょう。
 
(例)
職員 「はい、○○保育園です。(○○保育園、△△です。)」
私   「Eggコミュニケーションの藤田と申します。お世話になっております。」
職員 「お世話になっております。」
私   「園長先生はいらっしゃいますか。」
職員 「園長ですね。少々、お待ちください。」
 
~保留音を流す~
 
職員 「お待たせして申し訳ありません。先程まで事務室におりましたが、ただいま席を外してお
     ります。」
私   「そうですか。
     では、大変申し訳ございませんが、伝言をお願いできますでしょうか。」
職員  「あっ、園長が戻りました。代わりますので、お待ちください。」
    (伝言を預かる場合は「かしこまりました。」)