Eggコミュニケーション - 幼稚園・保育園専門
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エピソード① お茶の出し方
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ある保育園に伺ったときのことです。
応接室で園長先生と打ち合わせをしていると、職員の一人がお茶を出してくれました。
大きなマグカップに、たっぷりのコーヒー。
そして、真ん中に、園児の給食用の牛乳パックが一つ、置かれました。
私はブラックで飲みますが、もし、ミルクを使いたかったら、どうしたらよいのだろう・・・
打ち合わせ中、気になって仕方ありませんでした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
正しいお茶の出し方
 
緑 茶
・お盆を一旦サイドテーブルに置きます。湯呑みの底を清潔な布巾で拭きながら茶托にセットし
 ます。
・両手で、お客様の右側からお出しします。
 「どうぞ」「失礼します」など、声を掛けて出しましょう。
  右から出せない場合は、「こちらから失礼します」と言って、空いているスペースからお出しし
 ます。
 
コーヒー
・マグカップではなく、お客様用のカップを用意しましょう。
・持ち手の向きは、ミルクやお砂糖を使う場合はヨーロッパ式の左、ブラックの場合はアメリカ式
 の右ですが、どちらでもかまいません。ただしカップに柄が付いている場合は、絵柄がお客様
 に向くようにしましょう。
 
 
*お茶菓子がある場合は、1)おしぼり=右側 2)お茶菓子=左側 3)お茶(コーヒー)=真ん中
 の位置と順番でお出ししましょう。